ほくろを除去して自信を取り戻そう!【ほくろができる原因と解決策】

サイトメニュー

女性

ほくろ施術の流れ

ほくろを除去するための施術は、メスや電気メスを使用した切開法、レーザー治療が主流となっています。きれいに取り除くには、ほくろの状態や大きさに合った施術法を選ぶ必要があるので、施術の内容についても理解しておきましょう。

医者

大切なアフターケア

施術の効果を十分に得るためには、アフターケアも重要視すべきだと言えます。ほくろを除去した後の皮膚は敏感なので、外部からの刺激を与えないようにケアしていきましょう。こちらの記事では、施術別に注意したい点をご紹介します。

鏡を見る女性

ほくろ除去の施術費用

ほくろを除去したいと思っていても、施術費用が心配という方も多いのではないでしょうか。施術法やほくろの大きさによって費用が変わるので、相場の金額と照らし合わせることをおすすめします。

医者

どこで施術を受けるべき?

美容クリニックや皮膚科では、ほくろ除去の施術を行っています。しかし、どこで施術を受けるべきか迷うこともあるでしょう。そのようなときには、4つのポイントに注目して比較してみると選びやすくなります。

ほくろができる原因

カウンセリング

紫外線が影響する

泣きぼくろや笑いぼくろなど、可愛らしい印象を与えるほくろですが、できる箇所や大きさによってはコンプレックスとなってしまうことがあります。そもそもほくろができる原因とはなんでしょうか。その主な原因は紫外線です。肌の中のメラニンが紫外線の刺激を受けて活発になり、皮膚に影響が出たものがほくろです。ときには遺伝が影響してできることもありますが、ほとんどが紫外線による刺激でできてしまいます。良性の場合は取り除く必要はありませんが、美容面で気になるなら、施術で取り除くという選択肢もあります。ほくろができたときに注意したいのは、なるべく触らないようにすることです。触ったり引っ掻いたりしてしまうと、それが刺激となって大きくなる、または増えてしまうことがあります。気になるほくろがあれば刺激しないようにして、すぐに美容クリニックや皮膚科を受診するようにしましょう。そこで良性か悪性か判断してもらい、適切な施術を受けてください。

悪性の場合もある

ほくろには、良性と悪性の2種類があります。ほとんどのほくろが円形で色もはっきりしていますが、形がまだらで、色にムラがある場合は悪性のほくろの可能性が高いです。また、急激に大きくなったほくろにも要注意です。これらのほくろは悪性の可能性が高く、さらにメラノーマと呼ばれるがんの疑いがあるので、すぐに医師に診てもらいましょう。メラノーマはほかの箇所に転移してしまうスピードが早いですが、早期発見・早期治療で治る確率がぐんと上がるので、日頃からほくろのチェックをしておくことをおすすめします。少しでもほかのほくろと違うと感じたら、いち早く受診するべきです。

ほくろ除去の方法

気になるほくろがあった場合、施術によって取り除くことができます。その施術法ですが、主にレーザー治療、切開法、電気メスによる切開法の3つの施術法が挙げられます。昔は切開法が主流でしたが、最近では仕上がりのきれいさを求める女性の間でレーザー治療が人気です。それぞれの施術法にメリット・デメリットがあるので、どちらもチェックしてから施術法を選ぶようにしましょう。また、施術費用もそれぞれ変わってくるので、もし施術にかけられる予算が決まっているなら確認するようにしてください。それ以外にも、ほくろの盛り上がり具合や状態によっては適した施術法が変わってくるので、一度美容クリニックや皮膚科でカウンセリングを受けてみると良いでしょう。どの施術法が適しているか確認したうえで、相談しながら施術法を決めていきます。美容クリニックや皮膚科によっては、対応できる施術法が決まっている場合があるので、受けたい施術法の候補がある場合は、対応してもらえるかどうか事前に調べておいてください。ホームページで情報を確認しておくとスムーズです。

Copyright© 2019 ほくろを除去して自信を取り戻そう!【ほくろができる原因と解決策】 All Rights Reserved.