ほくろを除去して自信を取り戻そう!【ほくろができる原因と解決策】

サイトメニュー

大切なアフターケア

医者

切開法の施術後のケア

通常のメスによる切開法でほくろを除去した後は、抜糸までの行動に制限がかかります。施術日からおよそ1週間で抜糸をしてもらいますが、その間は施術箇所を濡らさないようにする必要があります。そのため、洗顔や入浴時には注意しなければなりません。顔のほくろを除去した場合は、施術箇所のメイクも避けたほうが良いでしょう。抜糸後は痛みがないかなど、様子をみながらメイクをしてください。電気メスを使用した施術を受けた後は、自分でするケアは特にありません。ただし、ほかの施術法と同様に、施術箇所を刺激しないようにしてください。気になるからと触ったり引っ掻いたりすると、傷口が開いて出血する可能性があります。また、施術後は傷跡が残ることもありますが、しばらくすると目立たなくなってきます。医師の指導に従いつつ、施術箇所を刺激しないように注意しましょう。
レーザー治療の場合は、ほかの施術法よりもアフターケアに力を入れなければなりません。施術を受けてから10日ほどは軟膏とテープで保護し、水に濡らさないように注意します。施術当日から洗顔や入浴は可能ですが、施術箇所を濡らさないよう、テープは貼ったままにしてください。そして、テープを取り外してもいいと許可が出た後は、紫外線対策を行います。施術を受けた箇所は敏感になっているので、通常よりも紫外線の刺激を受けやすくなっています。そのため、日焼け止めクリームを塗ったりUVカット仕様のグッズを身につけたりして、施術箇所を守らなければなりません。なるべく、ほくろを取り除いた箇所はあまり露出しないようにして過ごしましょう。顔のほくろを取り除いた場合、つばの広い帽子やマスク、日傘の使用も効果的です。施術後は、まれにかゆみが発生することがあります。その場合は、施術箇所を濡らさないようにタオルで巻いた保冷剤などで冷やすと良いでしょう。ほかにも内出血が現れることもありますが、数日~1週間ほどで落ち着くので問題ありません。各施術法のアフターケアについては医師から指示がありますので、しっかりと確認しておきましょう。

医師によるチェック

メスを使用した施術を受けた場合、抜糸のためにまた通院しなければなりません。その際に、医師がほくろを除去した箇所の状態を確認します。レーザー治療も同様で、次の施術を受けるタイミングで来院したときに医師が施術箇所をチェックします。状況によっては、施術から1週間ほど経った後に医師のチェックが入ることがありますので、施術後は次回の来院のタイミングを確認しておきましょう。このように、施術法によっては後日医師によるチェックが行われますが、それまでの期間に何か異変が起こることもあります。もし出血が起こったり、腫れが引かなかったりなど気になることがある場合は、すぐに施術を受けた美容クリニックや皮膚科に相談してください。早めに来院したほうがいいのか、次回まで様子をみていいのかという判断を仰ぎましょう。

Copyright© 2019 ほくろを除去して自信を取り戻そう!【ほくろができる原因と解決策】 All Rights Reserved.